小畠病院(福山市駅家町)

脳神経内科

脳神経内科は、脳卒中やパーキンソン病などの脳の病気や、脊髄障害などの神経系統の疾患を診断し治療する科です。

手足の神経麻痺や筋肉の萎縮なども扱います。頑固な頭痛やめまいで長年にわたりお悩みの方もご相談にのれます。

代表的な病気

脳神経内科の代表的な病気

頭痛

一次性:慢性頭痛
 (片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛)
二次性:症候性頭痛
 (クモ膜下出血・脳腫瘍など)

脳卒中

脳梗塞・脳出血

神経難病

・パーキンソン病
・筋萎縮性側索硬化症
・脊髄小脳変性症
・多系統萎縮症
・多発性硬化症

認知症

脳血管性痴呆・アルツハイマー型痴呆
正常圧水頭症・甲状腺機能低下症など

 

脳神経内科医が診るよくある症状

まず脳神経内科で診察を受けたほうがよい症状例です。

 頭の痛み・慢性の頭痛・急性のひどい頭痛
 もの忘れ・記憶があやふや・場所や日時がわからない
 手足の筋肉に力が入らない
 めまい・体が回っている・体がふわふわする
かってに手足や体が動いてしまう・不随意運動・ふるえる
 うまく力がはいらない・箸が使えなくなった・顔つきが変わった
 歩きにくい・ふらつき・足のつっぱり
 よくむせる・ しゃべりにくい・ろれつがまわらない
 ひきつけ・けいれん・手足がつる
意識障害・すぐ寝てしまう・はっきりしない

もっと詳しくは日本神経学会HP「よくある症状」(※外部サイトへのリンク)をどうぞ

当院でよくある脳神経内科の病気について

*病気のコラム「当院でよくある脳神経内科の病気」にリンク

 

力を入れている病気

■頭痛

頭痛は患者さんを長年にわたり悩ませ続ける病気です。その原因は多岐にわたるため、正しく診断し、個々の患者さんに最も適した治療が行われることが必要とされます。
もっと詳しくは、病気のコラム頭痛雑感 慢性頭痛について 頭痛の診断と治療 片頭痛の予防

■パーキンソン病などの神経難病

手足の震えが強かったり、筋肉が固く動作が鈍い、足がすくんで前へ出ないなど、症状が患者さんごとに組み合わせと程度が違います。治療は薬物療法が主ですが、正しい症状の評価と細かい処方の調整が大切です。詳しくは病気のコラムパーキンソン病

■睡眠時無呼吸症候群

肥満があって、夜間の鼾(イビキ)がひどく、昼間にすぐ眠くなってしまう人は、上気道の閉塞による睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いです。このような人は、いわゆるメタボリック症候群といわれる人に多く、脳血管障害や虚血性心臓病などを起こしやすいといわれています。夜間の呼吸状態をモニターすることにより無呼吸が気道の狭窄によるものと分かれば呼吸器内科医と一緒にCPAP治療を行います。もっと詳しくは病気のコラム睡眠時無呼吸症候群

■認知症

■糖尿・尿失禁などは泌尿器科とも協力しています。

 

担当表

 
1診 午前 石川
脳神経内科・内科
下地
呼吸器内科・内科
土井
糖尿病内科・内科
石川
脳神経内科・内科
竹林
脳神経内科・内科
理事長
脳神経内科・内科
夕診 石川
脳神経内科・内科
石川
脳神経内科・内科
石川
脳神経内科・内科
下地
呼吸器内科・内科
竹林
脳神経内科・内科
/石井/藤田
消化器内科・内科
2診 午前 土井
糖尿病内科・内科

消化器内科・内科
横濱
循環器内科・内科

消化器内科・内科
磯辺*1
糖尿病内科・内科

消化器内科・内科
夕診
消化器内科・内科
横濱*2
循環器内科・内科
宮本
消化器内科・内科
宮本
消化器内科・内科

消化器内科・内科
3診 午前 院長
循環器内科・内科
和又*1
糖尿病内科・内科
院長
循環器内科・内科
下地
呼吸器内科・内科
院長
循環器内科・内科
吉田/院長
循環器内科・内科
石川*3
脳神経内科・内科
夕診 院長
循環器内科・内科
院長
循環器内科・内科

4診

午前 理事長
脳神経内科・内科

※1 9:00~15:00までの診療となります。
※2 15:30~16:30までの診療となります。
※3 第1・3土曜日は、吉田医師
第2・5土曜日は、院長
第4土曜日は、石川医師
※4 【内科】
午前 初診 11:00まで 再診(予約なし)11:30まで
午後 初診 17:00まで 再診 17:30まで
※予約の方は予約時間に従い、受付をお願いします。
なお、予約の方および急患の方はこの限りではありません。

 

担当ドクター

氏名 科目 資格
理事長
小畠 敬太郎
脳神経内科・一般内科 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本頭痛学会頭痛専門医
石川 賢一 脳神経内科・一般内科 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
竹林 佳子 脳神経内科・一般内科 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医

 

当院では、難病のリハビリテーションに力を入れています。

詳しくは、リハビリテーション科のページをご覧ください。

認定施設です

■脳神経内科 専門医教育関連施設

小畠病院は、日本神経学会から認定された神経内科の専門医教育関連施設です。

ご存じですか?

神経内科と脳神経内科は同じ診療科です。
これらと混同されやすい科があります。
例えば、精神科、精神神経科、神経科は同じ仲間で、おもに気分の変化(うつ病や躁病など)、精神的な問題を扱う科です。
心療内科は精神的な問題がもとで体に異常をきたしたような病気を扱う科です。
脳神経内科は上の診療科と異なり、精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる 病気を扱います。

理事長よりひとこと

私は長い間、脳神経内科が脳外科や精神科とは違うということ、脳神経内科医は内科医だということをPRしてきました。 (最近は神経内科の代わりに、脳神経内科と呼ぶところが増えています。当サイトでも脳神経内科としています)

今では大学病院をはじめ大きな病院では消化器内科、循環器内科、呼吸器内科などと並んで神経内科の診療科目が掲げてあります。脳神経内科医は内科全般の基本研修を受け、内科認定医となったあと、改めて自分の専門分野として脳神経内科の道を選びます。新研修制度となった現在は前期研修終了後、後記研修医として大学病院をはじめ市中の教育研修病院で、神経・消化器・循環器呼吸器などの内科専門各科に所属して研修をうけ経験を積むことになっています。

このように脳神経内科医には幅の広い内科的な知識と経験が必要であり、脳神経内科医の前に内科医であることを忘れてはいけないと思っています。

理事長 内科・脳神経内科医 小畠敬太郎

ページトップへ