小畠病院(福山市駅家町)

小畠病院 看護部(案)

目次

看護部長あいさつ

理念・基本方針・目標
  看護部理念
  看護部基本方針
  看護部年度目標

組織・体制
 看護部の概況
  看護職員数
  看護配置基準
  看護方式
  勤務体制
 看護部の組織図
 看護部委員会

教育方針・体制
 看護部教育理念
 看護部教育方針
 小畠病院が育成したい看護職員
 クリニカルラダー
 新人看護職員教育
 中途採用者教育
 看護補助者教育

職場紹介
 外来
 中材・手術室
 第一病棟(地域包括ケア病棟)
 第二病棟(療養病棟)

先輩看護師からのメッセージ

インターンシップ・見学について
 インターンシップ
 見学

応募・お問い合わせ

 

 

看護部長あいさつ

 

 小畠病院は、地域の方々に安心感を与え、気軽に来ていただける病院でありたいと考えています。高齢社会に伴い、自宅での療養に不安を抱えている患者さんやご家族もおられると思います。当院では、多職種がチームとなり、患者さんやご家族と一緒に考え、これからの生活について支援しています。
 看護部は、患者さんに寄り添い、患者さんの痛みや喜びに共感できる看護の提供を基本方針の一つとしています。患者さんやご家族の思いを受け止め、「その人らしく生きる」ための関りが大切だと思います。また、患者さんやご家族だけではなく、職員同士もお互いを思いやり、笑顔でいられる看護部を目指していきたいと考えます。


看護部長 佐野京子

 

 

理念・基本方針・目標

看護部理念

地域に望まれる最良の看護を目指して

基本方針 

1.病める人の身になって思いやりと優しさと安心感を提供する

2.基本を忠実に守り医療事故を起こさない

3.常に質の高い看護ができるよう自己能力の開発に努める

4.業務の円滑化を図り業務分析を行い業務改善に努める

看護部年度目標

2019年度 看護部行動目標

1. 病院機能と役割を認識し、診療機能の充実を図る。
 ① サブアキュート・ポストアキュートの受入れに応需できるよう、効率的なベッドコントロールを行う。
 目標値:第1病棟(地域包括ケア病棟)病床利用率90%以上
     第2病棟(療養病棟)病床利用率95%以上
 ② 手術部門の体制と手術室の設備環境を整え、効率的な運用が出来る。
 ③ 在宅患者の良質な医療提供が継続できるよう、病状変化や生活環境にも配慮し、必要に応じてレスパイト入院を積極的に受け入れる。
 ④ 入院前から退院支援を見据えた支援ができるようにする。また、退院後も病状の悪化や再発(再入院)を出来るだけ防げるよう支援する。

2. 安全で質の高い看護を提供する。
 ① 専門性を発揮し、チーム医療を推進する。
 ② 患者に寄り添い、個別性のある看護を提供する。
 ③ リスク感性を高め、医療安全管理に取り組む。
 ④ 標準予防策及び感染別予防策を理解し、感染管理に取り組む。
 ⑤ 倫理的感性を養い、現場で直面する倫理的課題を検討する。
 ⑥ 在宅療養支援についてのスキルを身につけ、患者・家族に個別的な支援ができるよう育成する。

3. 人材育成に努め、自己啓発・研鑽を推進する。
 ① 看護職員個々のキャリアアップ支援を行う。
 ② マネジメントラダーを構築し、看護管理者の育成・評価に取り組む。
 ③ 院内外の研修や、学会発表に自主的に参加する。
 ④ 新人看護職員研修を行い、働き続けられるよう支援する。
 ⑤ 新人看護補助者研修及び看護補助者の定期的研修を行い、スキルアップを図る。

4. 業務改善と活気ある職場、元気の出る職場づくり。
 ① 職務満足度調査を実施・分析し、職員の自己効力感とモチベーションの向上を図る。
 ② アサーティブなコミュニケーションを大切にする。
 ③ ワークライフバランスを意識した業務遂行し、適正な時間外勤務管理と有給休暇取得を推進する。

5. 接遇の向上を図る。
 ① 医療従事者としてふさわしい身だしなみと態度を育成する。
 ② 患者満足度が向上する。

6. 地域共生社会を実現するための取り組みに参画する。
 ① 地域住民に向けてのイベントや、地域での開催の事業や活動に積極的に参加する

 

組織・体制

看護部の概況

看護職員数  101名(非常勤職員含む)
 ・看護師   51名
 ・准看護師  22名
 ・看護補助者 28名

看護配置基準

・地域包括ケア病棟入院基本料1 13対1
  看護職員配置加算 50対1
  看護補助者配置加算 25対1

・療養病棟入院基本料1 20対1
  夜間看護加算 日々16対1
  (夜勤専従制導入)

看護方式  地域包括ケア病棟
 チームナーシング+一部機能別看護
療養病棟
 日替わり受け持ち制 + 一部機能別看護
勤務体制

【病棟】
 3交代勤務
  日勤 8:20~17:20/準夜 16:20~1:20/深夜 0:20~0:20
  早出 7:00~16:00/遅出 16:00~20:00
  ※輪番日等、状況に応じて勤務調整
  
【外来】
  日勤 8:20~17:20
  中遅 8:50~17:50
  大遅 9:20~18:20
  ※在宅療養支援病院のため、24時間オンコール対応しています。

 

看護部組織図

 

看護部委員会

各委員会の目的

師長会 看護部の運営管理に関する事項を協議し、看護部理念の実践を推進すること。
主任・副主任会 看護部の管理運営方針に基づき師長会で決議された内容を確認し、担当看護単位における現場責任者として指導・監督出来るようにする。
教育委員会 専門的な知識・技術を高め、看護実践の能力を発展させ、質の高い看護ケアが提供できるよう人材を育成する。
記録委員会 患者に提供するケアの根拠を示し、看護実践を明示するために、看護記録の検討・改善・指導を行う。また、円滑なチーム医療を展開するために、情報を共有できる看護記録の検討・改善を行う。
業務委員会 看護業務の充実と安全で確実な看護サービスを図る上で、業務に関する改善及び手順などについて検討する。
リスクマネジメント
委員会
ヒヤリハット報告書から、事故事例の原因分析・要因分析を行う。また、データーベースを作ると共に、事故防止策の検討、および改善を図り、事故に対する職員の自覚を高め業務過失を防ぐ。

※その他、病院の中には様々な委員会・チームがあります。看護師はメンバーの一員として、要となり活動を行っています。

 

教育方針・体制

看護部教育理念

看護部の理念・基本方針に基づき、患者のQOLの向上と質の高い看護サービスが提供できる看護職員の育成を目指す。また、一人の人間として成長し、専門職業人としてのキャリア向上を目指す。

看護部教育方針

(1)倫理観に基づいた豊かな人間性と社会性を備え、地域に貢献できる看護職員を育成
する。
(2)専門職としての使命と責任を自覚し、自己のキャリア開発ができる看護職員を育成する。

小畠病院が育成したい看護職員

(1)患者個別のニーズに配慮でき、生活の質(QOL)向上を目指した質の高い看護サービスが提供できる人
(2)患者に寄り添う姿勢を持ち、立場の変換ができる人
(3)専門職としてキャリアアップを考え目標を持ち、自己研鑽に努めることができる人
(4)当院の機能・役割を理解し、地域ニーズに応えられる人

※イラストにする↑

 

クリニカルラダー

各レベルで到達目標を設定し、看護実践能力の向上を目指します。

※5階段の図が入る

新人看護職員教育

新人看護職員(免許取得後初めて就労する看護職員)が、臨床現場に順応し、基本的な臨床実践能力を習得することができ、また当院で看護職員として継続的に働き続けられるように教育・支援します。

中途採用者教育

チェックリストをもとに、入職時の看護技術などの確認を行います。また、これまでの経験を活かし、当院の臨床現場に適応できるように支援します。経験のない看護技術を習得し、継続的に働き続けられるよう教育・支援します。

看護補助者教育

看護補助者が働く環境やチームの一員としての役割を理解し、看護補助業務を遂行するために、必要な基礎的知識・技術を習得できるよう教育・支援します。

 

職場紹介

外来

※写真(外来で集合写真)3枚ぐらい

中材・手術室

※写真支給

第一病棟(地域包括ケア病棟)

※集合写真

第二病棟(療養病棟)

※集合写真

 

先輩からのメッセージ

 

個々の知識や経験が活かせる環境です

 私は手術室看護を経験後、クリニックで働いていました。もっと視野を広げた看護に携わりたいと思い、当院へ就職しました。
 当院は勤務時間内での院内研修が多く、スタッフが参加しやすいよう配慮されており、院外研修も積極的に参加できます。看護師だけではなく、全職員が院内研修に参加し、さまざまな目線から医療について学びを深めることができます。訪問診療や訪問看護など、今求められている在宅医療に関われることも当院の特色だと思います。
 当院の良いところは、スタッフの意見を取り入れて、業務の改善をしてもらえることです。中途採用者が多い中、個々の知識や経験を活かしてもらえる環境だと思います。
 最初は慣れない環境で緊張や不安もありましたが、看護師の先輩をはじめ、他職種の方にも支えられ、今はとても楽しく仕事をしています。

 

優しく頼りがいのあるスタッフが多く、人間関係の良好な職場です

 当院の男性看護師は3名と少数精鋭で頑張っています。多様化する看護の現場において、社会の変化に合わせ、男性看護師のニーズも着実に増えています。中途採用者も多く、病棟スタッフは経験や知識が豊富な人が多数在籍しています。向上心もあり、日々刺激を受けながら自己のスキルアップのために切磋琢磨しています。また、様々な疾患や症例に出会える可能性も高く、自分の知識や技術向上には持って来いの職場だと思います。優しく頼りがいのあるスタッフが多く、人間関係の良好な職場です。経験のある方はもちろん、未経験の方、興味のある方も大歓迎です。是非、小畠病院に足を運んでいただきたいと思います。男性看護師の皆さん一緒に働きましょう。

 

子どもの体調不良時や学校行事などの際、勤務調整をしてくれ助かります

 私は看護師免許取得後、急性期病院に勤めていましたが、結婚・出産を機に介護施設に転職しました。施設看護、他職種連携の実際を目の当たりにし、「また医療の現場で看護に携わりたい」と思ったのをきっかけに、3年前小畠病院に入職しました。
 当院は、日々患者さんの立場になってケアし、必要な時にはカンファレンスを行い、職種を超えてスタッフ間で細やかな意見交換ができる環境が魅力です。また子育て中の病棟勤務は、勤務調整が難しいのでは…と不安もありましたが、子どもが体調不良の時には、勤務時間の調整をしてもらっています。また、学校行事等も優先して参加することが出来ています。仕事と家庭の両立は難しいですが、周りが理解してくれているので、とても助かっています。私もまだ子育て中ですが、これからも小畠病院で頑張りたいと思っています。ぜひ、一緒に看護の腕を磨きませんか?

 

無資格で未経験者でも、やりがいを感じ、皆と助け合いながら楽しく働けます

 私は2016年の秋に就職しました。資格も経験も無く不安だらけの中で働き始めましたが、看護師や先輩看護補助者の方々の親切な指導のおかげで、少しずつではありますが仕事を覚えていくことが出来ました。また病棟師長は、なかなか業務に慣れない私を辛抱強く見守って下さいました。
 就職してから3年目に入りましたが、資格も介護経験もなかった私でも、毎日やりがいをもってスタッフのみんなと助け合いながら楽しく働けています。特にありがとうの笑顔に出会えた時は、この仕事をしていて良かったと思える瞬間です。また様々な出会いや経験が出来ることも楽しみの一つです。
 興味はあるけど未知の世界に飛び込む勇気がない人、やってみると意外と何とかなりますし、大変ですが楽しいこともたくさんありますよ。一緒に働いてみませんか?

 

インターンシップ・見学について

インターンシップ

先輩看護師と共に看護を体験してみませんか。
資料だけでは分からない職場の雰囲気や看護師の様子が実感できます。

対  象 2020年3月看護大学・看護学校卒業予定者
開催日時 平日(日・祝日除く) 9:00~16:00まで
内  容 病棟で先輩看護師と一緒に一日を過ごし、生活援助、治療処置介助を体験します。担当看護師が質問にお答えします。
費  用 参加費は無料。(昼食は当院で準備します)
交通費は自己負担してください
持 ち 物 実習衣・白いシューズ

見学

随時お申込みいただいています。担当者にご相談ください。

 

お申し込み先

電話:(084)976-1351 看護部長(佐野)まで

 

応募・問い合せはこちらから

 

ページトップへ