医療法人社団玄同会 小畠病院

泌尿器科

小畠病院の泌尿器科では排尿障害、血尿、尿路結石や尿路感染症の治療や尿路性器の腫瘍の治療を行っています。
泌尿器科の領域における最新医療技術を積極的に取り入れるとともに、患者さまに負担の軽い検査(軟性膀胱鏡など)や手術(腹腔鏡手術など)を心がけています。
また、小畠病院は泌尿器科の専門病院です。福山市北部では唯一、日本泌尿器学会より専門医基幹教育施設として認定されている病院で、泌尿器科部長は専門医を養成する指導医の資格を持つ医師です。

小畠病院泌尿器科_診察室

診療受付のご案内

1階正面玄関横の総合受付窓口で診察の受付を済ませて、2階待合室でお待ちください。

診療日:月曜日~土曜日
休診日:火曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始
受付時間:午前8:15~午後5:30
※午前中の診療をご希望の方は12:00までに、初診の方は11:30までに受付をお願いします。
診療時間:午前9:00~12:00、午後4:30~6:00

小畠病院_泌尿器科

診療担当表

 
1診 午前 大口 大口 大口 大口 柴田 大口
午後
夕診 大口
2診 午前 山崎 柴田 柴田 柴田 田坂 柴田
午後  
夕診 山崎 柴田 田坂

 泌尿器科は手術の都合で午後の外来診療が変更になることがありますのでご了承ください

担当ドクター

小畠病院泌尿器科_大口泰助医師

泌尿器科部長
 大口 泰助

小畠病院_泌尿器科柴田昌紀医師

泌尿器科医長
 柴田 昌紀

非常勤医師
泌尿器科 山崎 真理
泌尿器科 田坂 亮

代表的な病気や治療

前立腺癌の診断・治療

この10年間で前立腺癌の診断は大きく様変わりしました。PSAと呼ばれる前立腺癌の腫瘍マーカー検査によるスクリーニングが可能になったこと。経直腸エコーの診断精度の向上、およびエコー下での系統的針生検です。私たちは直腸指診、あるいはPSAで前立腺癌が疑われる方には、できるだけ早期に前立腺生検を行うことを薦めています。
前立腺癌が心配な方、あるいは健康診断などでPSAが少し高いといわれて、どうしたらよいか困っている方がいらっしゃいましたら小畠病院泌尿器科外来を受診してみてください。担当医が適切なアドバイスをいたします。

尿路結石の診断と治療

尿路結石の主な症状は、疼痛と血尿です。「疝痛発作」と呼ばれる激痛が特徴的で、冷汗、吐き気を伴うこともあり、胃腸の病気と勘違いすることもあります。あるいは、まったく自覚症状がない場合や、鈍い痛みだけのこともあります。
尿路結石を放置し、水腎症が続く場合には、腎臓が機能しなくなるなどの合併症を引き起こすことがあります。また、感染結石により、尿の通過障害があると、腎盂腎炎から「敗血症」という怖い病気を誘発します。速やかに専門医(泌尿器科医)を受診してください。

経尿道的結石砕石術(f-TUL)

経尿道的結石砕石術(f-TUL)は尿道から挿入した極細内視鏡(細径軟性尿路管鏡)で結石を捕捉。そこにホルミウムレーザーを照射し、結石をより確実に破砕・回収する治療法です。2013年4月より当院でもこの経尿道的結石砕石術(f-TUL)を実施できる体制が整いました。

結石破砕装置

当病院では衝撃波のエネルギーを集中させることにより、痛みを感じることなく結石だけを砕く体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)、および、内視鏡下レーザー結石破砕装置を設置し、あらゆる尿路結石の治療に対処しています。

尿路感染症

膀胱には元来、自浄作用があり、細菌の増殖を抑える働きがあるのですが、尿の量が少なかったり、排尿を我慢すると菌が付着しやすく、炎症を引き起こします。尿路感染症を防ぐには、適度な水分摂取と尿意を感じたら我慢せずに排尿することと、清潔を保つことが大事です。

泌尿器科腹腔鏡(内視鏡)手術

泌尿器科領域における内視鏡手術は、従来の開放性手術に比べ患者さんへの 手術侵襲が極めて少なく、その治療効果も優れているため、積極的に当院で取り入れています。

過活動膀胱(頻尿・尿失禁)の診断と治療

オシッコが我慢できない、もらしてしまう。それらは歳や体質のせいだと思っていませんか?もしかしたら、「過活動膀胱」という病気の症状かもしれません。同じ症状がでる他の病気の可能性もありますので、泌尿器科で診察を受けたうえで、適切な治療を受けられることをお勧めします。

患者支援会 小畠病院「葦の友」

「葦の友」は、主に小畠病院泌尿器科で尿路変向術(ウロストミー)を受けられた患者さまの親睦と、ウロストミーによって起こされる精神的、身体的、そして社会的問題点を共に解決をすることを目的とした患者支援会です。(平成15年10月16日発足)
これまでの会では、参加者の方々に日常生活をより快適に送っていただけるよう、支援者のご協力で、各種装具の紹介や装具選択の際のポイントの説明などもありました。活発な意見交換を行なうことで、当院の医師、看護師などの職員も含め、参加者の方々がお互いに共感し、親睦も深まりました。
興味のある方や入会希望の方は、当院スタッフまでご連絡ください。お待ちしております。

ページトップへ