医療法人社団玄同会 小畠病院

眼科

目が見えにくい、痛い、かゆいなどの症状があるときはご相談ください。
眼科は内科的な疾患とも深い関係があり、高血圧、糖尿病、神経疾患などがある場合、目に異常が来ることがよくあります。これらの病気をお持ちの方もご相談ください。
白内障、緑内障、眼底疾患の診断・治療も行っています。
またコンタクトレンズの処方、指導、障害時の治療も行っています。

小畠病院眼科_診察室

診療受付のご案内

1階正面玄関横の総合受付窓口で診察の受付を済ませて、2階待合室でお待ちください。

診療日:火曜日~土曜日
休診日:月曜日・日曜日・祝日・年末年始
受付時間:午前8:15~午後5:30
※午前中の診療をご希望の方は12:00までに、初診の方は11:30までに受付をお願いします。
診療時間:午前9:00~12:00、午後3:00~6:00

小畠病院_眼科

診療担当表

 
眼科 午前 瀧川 瀧川 瀧川 瀧川 瀧川
夕診 瀧川 瀧川 瀧川 瀧川 瀧川

担当ドクター

小畠病院眼科_瀧川泰医師

眼科部長 瀧川 泰

当眼科でよくみられる目の病気

糖尿病網膜症について

現在、失明原因の第1位が糖尿病網膜症によるものです。糖尿病網膜症は初期には全く自覚症状がなく、目が見えにくいと思ったときは既にかなり進行しています。「目が見えるから大丈夫」という考えはすてて、糖尿病の人は半年に一度くらいは必ず眼科を受診して眼底検査を受けるようにしましょう。

緑内障について

緑内障は、自覚症状に乏しいため見つかりにくい病気です。進行してしまったら手遅れで、低下した視力や、狭くなった視野は元に戻りません。
患者さんの数は非常に多く、特に40歳以上の人は年に1~2回眼科を受診され、視力・眼圧・眼底検査、必要なら視野検査を受けられることをおすすめします。

花粉症(アレルギー性結膜炎)の対策と治療

花粉症だけで重篤な合併症をおこすことはまれですが、角膜(黒目)に傷がついたり、慢性化すると難治性になることがあります。アレルギー体質の人や毎年花粉症になる人は、早期に適切な治療を受けるように心がけましょう。

コンタクトレンズの装用について

コンタクトレンズはメガネと違って目の上(角膜)に載せるわけですから、そのための合併症がおこることがあり、最悪、失明することもあります。装用するうえでは注意する必要があります。眼科医の診察なしにメガネ屋やインターネットでコンタクトレンズを買う人もいるようですが、これは危険極まりないことです。

ページトップへ