医療法人社団玄同会 小畠病院

部門紹介

診療部

診療部では、7名の常勤医師と大学からの非常勤医師で診療にあたっています。
診療にあたっては医療人としての最善を尽くし、患者さまに十分な説明を行い、納得していただいた上で、医療を受けていただきます。
当病院では初期医療(プライマリー医療)を大切にし、患者さまが最も良い医療を受けられることが出来る機会を提供することが使命と考えています。
診療科によって、それぞれ得意な分野があります。各診療科のページにて説明しています。
今後も丁寧で安心できる初期医療と、専門性を生かした医療を両立させ、地域に望まれる医療を行っていきます。

診療部

看護部

小畠病院の看護部は、第一病棟、第二病棟、外来、手術室、中央材料室の5つの部門で構成しています。
病棟部門では特に、お体が不自由で自己表現の難しい患者さまと、不安を抱かれているご家族の方々の気持ちを理解し、代弁者となり手となり足となり、身の回りのお世話をさせていただいています。
多職種での合同カンファレンスやNSTなどの各種委員会活動を行い、患者さま一人ひとりに安全でより良い医療サービスが提供できるよう努力しています。

看護部

医療技術部

放射線科

放射線科では放射線(X線)を利用した画像診断や、治療を行っています。
身体の外から直接目視することの出来ない体内の情報を視覚的(画像的)に得るためには、放射線画像診断法や超音波画像診断法が必須です。当科では精度の高い検査を実施することで、より明瞭で高精度な医用画像情報の提供を行っています。
近年、医療技術の進歩に伴い医療被ばくが問題になっています。当科ではデジタル化された機器や画像処理の導入、技術と知識の向上に努め、被ばく低減を目指しています。
小畠病院の放射線画像は、放射線画像情報システム(PACS)により一元管理されています。デシタル画像は院各診療科・遠隔画像診断・他施設紹介画像などで診療に役立てています。

放射線科

検査科

検査科は、医師の診察のもとに依頼された血液検査や心電図検査など、下記のような検査を行っています。
検査結果は、患者さまの診断、治療方針などの判定に直接結びついているため、医療チームの大切な部門のひとつです。
私たちは、正確な検査データを報告できるよう、日々検査技術の向上に努めています。
また、患者さまの待ち時間を少しでも減らすことができるよう、検査データを迅速に報告し、他部門との連携を密にしています。

検査科

薬剤科

『私たち薬剤師は、医療の担い手として高い知識と倫理観を持ち、小畠病院の理念に基づき、患者さまに貢献する。』これが、薬剤科の掲げる理念です。
薬剤科では、調剤、製剤、医薬品情報の収集管理と提供、医薬品管理、薬剤管理指導業務など様々な業務を分担し、「医薬品の適正使用」に貢献することを目指しています。
また、院内の医療チーム(栄養サポート、感染対策チーム、緩和ケア等)の一員としても専門性を生かし積極的に活動しています。
心配なことがあれば、いつでも薬剤科にお尋ねください。

薬剤科

栄養科

小畠病院栄養科は、入院患者さま向けの入院食を作っている部門です。その他にも、「デイサービスむべやま」利用者さまの昼食、「ケアモール芦花」の入所者さまの朝昼夕食、院内託児所のお子さまの昼食、職員の昼食など、合わせて1日平均400食を作っています。
患者さまをはじめ、皆さまから頂く「美味しい」との声を励みに、これからも一層の努力を続けます。

栄養科

地域医療部

地域連携室

小畠病院では、医療機関や介護福祉施設等と連携を図り、それぞれの役割や機能を分担しながら患者さまに適切な医療・介護・福祉サービスを提供したいと考えております。
そのための窓口として「地域連携室」を開設しております。
患者様のご紹介や医療や、介護などについてのご相談がありましたら、お気軽に地域連携室へご連絡下さい。

診療情報管理室

診療情報管理室では、患者さんの診療記録・診療情報を適正に管理、運用、保管し、情報活用の支援を行っております。
診療情報管理室のスタッフは患者さんと直接お顔を合わせることはありませんが、おひとりお一人に敬意を払い、患者さんの大事な情報をお預かりしています。

小畠病院診療録管理室

訪問看護ステーション

地域に望まれる理想の医療をめざしている当院では、「訪問看護ステーションこばたけ」を開設しています。

看護師やリハビリスタッフが、患者さんの生活の場に訪問して、看護ケアやリハビリテーションを提供し、安心をお届けします。

お気軽にご相談・お問合せください。

事務部

事務部は、医療企画課、管理課で構成され、各課協力しながら病院の管理・運営に努めております。
私たちは患者さまと受付で最初に接し、院内ではご質問にお答えし、ご案内をいたします。診療が終わると、お会計の際にも接します。事務職員全員が、地域に望まれる理想の病院になるために、「小畠病院の顔」としてのプライドを持ち、常に患者さまの立場に立った接遇を心掛けています。

事務部

 

ページトップへ